中洲のセクキャバだと良嬢もたくさんいるので安心して遊べる

サイトマップ

セクキャバ

セクキャバは後半の指名タイムが勝負

赤い下着の女性

金曜の夜によく職場の仲間と飲みにいきます。営業で月々のノルマが厳しくストレスに常にさらされており、はけ口が必要です。お酒が入って会社の愚痴が盛り上がると、自然に身体がうずきます。
そんな時はセクキャバへ行こうという流れになります。あの大音量のユーロビートとエロい照明とミラーボールに照らされると獲物を狙うハンターのような気分になります。
セクキャバに入店すると、黒服のボーイが近づいてきて「ご指名はありますか?」と確認してきます。僕の主義はあえて指名をせずに、運を天にまかせる方法です。それで自分の好みの女の子に当たったらさらにテンションが上がります。
もう一つのこだわりは、女の子の胸の形です。それほど巨乳好きというわけではありませんが、しっかりと張った胸を触ると最高の気分に浸れます。下半身を触れるサービスがあれば言うことは無いのですが、これはセクキャバ店によって異なるので事前に店員に確認をしておきます。
自分がこれだという女の子を見つけたら後半戦にはすかさず指名します。指名された喜びがあるので女の子からのサービスも後半の方が良いです。ここで1,000円くらいをケチると後で寂しい思いをすることになるので絶対に指名をしておいた方が良いと思います。

Notice